« 歴史人口学で見た日本 (文春新書) | トップページ | 第6回 金持ち父さん、節税倒産(080315) »

2008/02/28

第5回 なぜ社長は4ドアの中古のベンツを買うのか(080216)

第5回 なぜ社長は4ドアの中古のベンツを買うのか(080216)「05_yada080216.mp3」をダウンロード

講座時間は5分程度です。
=====
(注)以下のテキストは音声ファイルのスクリプト(構成メモ程度のもの)です。
音声講座のポイントを抑えるのに使ってください。
=====

小さな会社の節税ダイエット~小さな会社だからできる節税法~

 中小企業の経営者、個人事業主の皆さんに活用していただき、資金繰りの悩み
から開放されることを願っています。
 より元気になって、今まで以上にお稼ぎいただけると幸いです。

--------------

 今回は、「なぜ社長は4ドアの中古のベンツを買うのか」についてお伝えしま
す。

◆ 会社で中古車を購入すると有利なわけ

 一昨年に似たようなタイトルの本も出版されましたが、そもそも、どうして会
社で中古車を購入すると税務上有利なのかからお話しましょう。

 新車購入→償却期間6年
     →6年間の均等割り償却をしたとすれば、
      600万円のベンツなら毎年100万ずつの償却

 中古車→経過年数部分は0.2をかける
    →4年落ちなら、4×0.2+2=2.8年→切捨てで2年
    →中古で600万円のベンツなら毎年300万円ずつ償却

 つまり、黒字であれば、6年かかって回収するところ2年で回収できる

◆ 19年度税制改正でさらに4年落ち中古車の購入がお得に

 昨年の税制改正では、減価償却の資産分類が簡潔に整理されるなど大幅な改正
がありました。
 その中でも、償却期間が2年の場合、「新しい定率法」を選択すれば、1年間
で償却したのと同じ結果となることになりました。

 これは、250%定率法と呼びます。
 詳細は省きますが、新しい定率法では、「定額法による償却率を2.5倍」した
額の損金計上を認めるものです。
 つまり、「定額法による償却率(1/耐用年数)×250%」が償却率となりまする。

 したがって、先ほどの4年落ちのベンツは、買った年に全額償却することもで
きるわけです。
 月割計算をしますので、買った年度に全額償却できることは通常ありませんが、
それでも、1年間で全額償却できるのですから、大きな変化と言えます。

 なお、この新しい定率法を適用するには、「減価償却資産の償却方法の届出書」
を所轄の税務署に行う必要があります。

 会社の場合は、適用を受けようとする年度の前日までに提出が必要です。
 ただ、設立時にこの届出書を出しているのが通常で、その場合には、「減価償
却の償却方法の変更承認申請書」を提出することになります。
 申請書と言っても、通常は、提出すると承認されたものとみなされます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/annai/1554_21.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5407.htm

 個人の場合も同じですが、提出期限が資産を取得した日が属する年の確定申告
期限までとなっています。買った年の翌年3月15日までに出せばよいことになっ
ています。
 つまり、買ってから手続をしても間に合うというわけで、会社よりも有利と言
えます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/18.htm
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/21.htm

 具体的な提出方法ですが、書類自体は簡単なもので、税務署に常備されていま
すので、印鑑を持って税務署の窓口で相談されるとよいでしょう。

------------------
◆ まとめ

 さて、今回は、「なぜ、会社で4年落ちの中古のベンツを買うのか」について
お話いたしました。
 ポイントは、耐用年数が6年から2年に短縮されることと、新しい定率法では
月割りではあるものの1年間で償却することができるようになったことです。

 ちなみに、4ドアである必要性ですが、2ドアによくあるスポーティなデザイ
ン車では認められませんよ、という意味です。以前のクーペと呼ばれていた車の
イメージです。
 スポーツティーなクルマの場合、事業用というよりも、社長の趣味で購入した
ものとみなされてしまいます。
 もっとも、最近では、4ドアでもスポーティなものが出てきましたので、顧問
税理士と写真を見ながら十分相談しておいてください。

 次回は、3月ですね。多くの会社が決算を迎えます。
 そこで、「節税倒産」について話をしてみたいと思います。
 節税するほど黒字なのに、なぜかお金がなくなるケース、最悪、倒産するケー
スもあります。
 節税は、税金の知識だけでなく、資金繰りのセンスも必要です。

 それでは、また。

==========
 音声講座については、ビジネスコミュニケーションサイト「週刊コーチングニュー
ス」(オン・ゴーイング社提供)でも公開されております。
 「繋がり」をキーワードに、さまざまなビジネスパーソンが集い、情報や経験
をシェアしている場です。是非、一度のぞいてみてください。
 http://www.on-going.com/scw/yada/index.html

|

« 歴史人口学で見た日本 (文春新書) | トップページ | 第6回 金持ち父さん、節税倒産(080315) »

コメント

よろしくお願いします

投稿: 児玉賢太郎 | 2013/01/28 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38510/40184002

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 なぜ社長は4ドアの中古のベンツを買うのか(080216):

« 歴史人口学で見た日本 (文春新書) | トップページ | 第6回 金持ち父さん、節税倒産(080315) »