« お金に強くなる生き方 | トップページ | 佐藤優さん、神は本当に存在するのですか? »

2016/07/20

よくわかる民事裁判[第2版]


 法廷寸劇と大学の先生による逐次解説、といった内容です。

 2005年の発刊ですので、その後の法改正には留意が必要です。
 ストーリー仕立てで、初学者が民事訴訟法を勉強する前に読むには抵抗がないと思います。
 ある日、突然、家主から立ち退きを迫られた主人公が、弁護士と一緒に法廷で奮闘するお話です。

 さすがに、訴訟の進み方については、あちこちでつまみ読みをしていますので、寸劇に出てくる範囲の手続はだいたい知っていました。
 でも、解説では、各手続の意義、問題点が記されていまして、学習者にとってはヒントになりそうです。

 民訴は眠素とも言われるそうで、テキストだけを読んでいるとつまらんらしいです。
 私も民訴の基本書をまだ開いていないので、どうなっているのかわかりませんが。。。

|

« お金に強くなる生き方 | トップページ | 佐藤優さん、神は本当に存在するのですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38510/63941748

この記事へのトラックバック一覧です: よくわかる民事裁判[第2版]:

« お金に強くなる生き方 | トップページ | 佐藤優さん、神は本当に存在するのですか? »