« 書籍: 10代の憲法な毎日 | トップページ | よくわかる民事裁判[第2版] »

2016/07/19

お金に強くなる生き方


 元外交官の佐藤優氏の著書。2015/10/15発刊。
 内容としては、表面的には、主体的にお金と付き合う方法とでもいいましょうか。
 そうとらえると、既刊本にも似たようなものがありますね。自己啓発本にも似て。
 ただ、同氏の言いたいことは最後のページにまとめられているように思います。
 当たり前にあると思っているお金、国家、会社、家族という単位がなくなったらどうなるか、、、自分に問いを発してみよ、と。

 同氏は各章ごとに書籍を紹介しているのですが、なつかしい一冊を見つけました。「貧乏物語 (岩波文庫 青132-1)」河上肇著が紹介されていました。実家の顧問税理士が私に30年前に勧めた本です。
 それと、「21世紀の資本」トマ・ピケティ著。佐藤氏はこの著書については鋭い批判をしていたのですが、多くのデータで今後の日本と世界の行方を知るにはよいとして紹介しています。厚くて高い本ですが、そろそろ中古は安くなったかな。


 私は機会があると、80歳前後の人に戦後のどさくさ期の話を聞くようにしています。
 やはり、丁々発止やりとりできる人、交渉力が高い人、コミュニケーション力が高い人、そういう人が生き残っていたようですね。
 まあ、国民総力戦で第二次世界大戦に臨んだために、戦後、世界中で人権意識に火が付いたという話もあり(最近誰かに聞いたんですが誰だったかな・・・)、今更そういったことはないとは思いますが。
 国民総力戦などあったら、私なぞ最初に野垂れ死にしそうです。

|

« 書籍: 10代の憲法な毎日 | トップページ | よくわかる民事裁判[第2版] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38510/63938225

この記事へのトラックバック一覧です: お金に強くなる生き方:

« 書籍: 10代の憲法な毎日 | トップページ | よくわかる民事裁判[第2版] »